2020年10月19日

バーニー アコベースレストア編。

また前回の更新から間が開いてしまいました。週一くらいで更新したいのですがなかなか忙しくて時間が取れません。(前職場でのブログはほぼ毎日更新してたのが信じられない…)
ヨウヤッテタネ (´・ω・) (・ω・`) ネー
KIMG5437
さて今日のブログはこちらのアコベース。バーニーのEB-2タイプのベースです。

KIMG5438
若くして亡くなられた地元ベーシストの遺品を形見分けしていただいたそうです。また弾けるようにしてほしいと持ち込まれたのですがそういう話を聞くと普段より更に頑張る体質であります。

カタミワケ…(*´σω・、) (*ノω`゚) マカセテクダサイ

KIMG5440
かなりの時間が経過している様子でブリッジの腐食が激しいです。クリーニングして極力オリジナルパーツが使える状態にします。

サドルが前後逆に付いていますのでこれも元の状態に戻します。(おそらく後述する理由で意図的に逆にしていると思われます)

KIMG5439
とにもかくにもまず音が出ません。

ボリュームもトーンもポットが回りませんのでピックアップが死んでいるのか、ボリュームポットがゼロの位置で固着しているのか、あるいはどこかで断線しているのかを診断しなければなりません。(ミニスイッチはローカットです)

KIMG5442
原因を探るべく内部の部品をすべて引っ張り出します。毎度セミアコやフルアコはこの診断するまでが大変です。

KIMG5441
ピックアップからのリード線にテスターを繋げると反応がありました。ピックアップは無事のようです。

その後ポットからトーン、ローカットスイッチ、ジャックまでの配線をすべてチェックしましたが断線はしていませんでした。ボリュームがゼロの位置で固着しているのが原因と思われます。

KIMG5446
ポットに接点洗浄剤を吹き込んでしばらく放置するとまた元通り回るようになって、アンプに繋ぐと音も出るようになりました。ガリノイズも出ていないので今回は交換せずこのまま使います。

ここからまた元の位置に戻していく訳ですがメンテンナンス用の裏パネルなんてありませんのですべてfホールからワイヤーを手繰って元の位置に誘導します。ワイヤーが内部で絡まると正しい位置に誘導できませんので入れる順番を考えながらの作業です。(今でも苦手な作業のトップ3です)

ムズカシー (((〆(´Д`;;) ٩( •̀o•́๑ )و ガンバレー!

KIMG5470
このピックアップがなかなか興味深い構造で魚の三枚おろしのようにハムバッキングを真ん中から横に開いたような構造です。

カバーを付けた状態だとシングルのように見えますがハムバッキングになっています。

KIMG5481
ブリッジは分解洗浄後(いつものマジックリン)サドルを本来の位置に取り付けて弦溝を整えておきます。

KIMG5483
新しい弦を張って弦高調整です。両サイドのスタッドボルトはあんまりにも錆がひどかったので新品に交換しました。錆も故人の思い出ですが今回は楽器としての機能を優先させます。(その錆びたスタッドボルトはもちろんお返しします)

KIMG5484
このタイプのブリッジでたまに問題になるのがサドルに弦の根本の巻き返し部分が乗ってしまう事です。この場合は段差になる部分を上に向けて、出来るだけ平らな真っ直ぐな部分がサドルに乗るようにします。(この問題を解消するための部品もあるにはあります)

持ち込まれた当初サドルが逆に取り付けられていましたが恐らく巻き返し部分を避ける為の苦肉の策と思われます。※オクターブピッチはシャープ気味であったと思います。

KIMG5485
表面の汚れをポリッシュで磨いて作業完了です。キレイになりました!

KIMG5487
ペグも分解洗浄してヘッド表面も磨き上げました。天国から復活した愛機を見てほしいですね。ご依頼ありがとうございます。


littlestone5014 at 17:09|PermalinkComments(0)

2020年10月09日

オービル(byギブソン)レストア編・その2。

ブログで作業の様子を公開すると「腕前が良さそうだ!」とすごく期待値を高めてご来店される方がいらっしゃって、それはそれで大変ありがたいのですが本当に凄い事は何もしていない(できない)のです。

修理屋としては基礎レベルの事ばかりで期待にお応えできていない事も多々あるかと思います。(美味いと聞いて行ったラーメン屋がそうでもなかったとかは皆さんも経験ありません?)

このブログは技術を自慢している訳ではなく自分に対しての備忘録のようなものですね。あとで客観的に自分の仕事を振り返るのは良い勉強になります。10年後は今よりまともになってるかと。
KIMG5460
さて今日もそんなブログを更新です。今月もなかなか忙しくてまた間が開いてしまいました。

前回からのレスポールはポジションマークと指板との隙間をパテで埋めます。このパテは30分硬化型のエポキシ接着剤にローズウッドを削った粉末を混ぜたものです。

KIMG5458
それが硬まるまで別の作業です。
金属パーツがかなり汚れていますので魔法のクリーニング液で洗浄します。
ナニ ツカッテルノ? ( ・∀・)σ ('_'〃) マジッ〇リン…

KIMG5459
このタイプのペグは漬け置き洗いだと洗浄後の内部のすすぎと乾燥が難しいので表面だけを拭き取ります。今回は指板とフレットがピカピカになる予定ですのでそれに合わせて出来るだけきれいにします。

KIMG5457
一応ピックアップも点検。バイギブらしくちゃんとギブソン製ピックアップでした。

KIMG5461
翌日パテが完全に硬化したら表面を整えます。指板から出ているポジションマークをノミとヤスリを駆使して少しづつ削っていきます。

ヤスリは木目に対して並行に掛けますが前後にはフレットがあるので大変です。ローポジションはまだ良いんですが12フレット以降は本当に難儀です。(あらかじめ削っていたとは言え)

KIMG5462
他と見た目を揃える為にポジションマークが入っていない指板もキレイに研磨します。ここはスクレーパーが便利ですね。

KIMG5473
終わったらフレットのすり合わせです。ポジションマークの整形の時に出来たフレットの傷もこの作業で消してしまいます。

KIMG5474
アッと言う間にすり合わせ終了!途中の工程はいつもと同じなので省略!
マタカ!ヾ(*`Д´*)ノ)) ε=(∩≧o≦)ゴメン

KIMG5475
新しい弦を張ります。今回はドロップD(6弦のみ一音下げ)チューニングとのご指定でしたので0946ゲージを使います。

KIMG5478
ネックの反りや弦高等を調整して完成です。虎目の出たレスポールはかっこいいー!
(っ’ヮ’c) ウホー!

KIMG5480
フレットも指板もキレイになりました。
しばらく放置していたそうですが久しぶりに弾いてみて音の良さを再確認できたご様子でした。ご依頼ありがとうございます。


littlestone5014 at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年09月30日

オービル(byギブソン)レストア編・その1。

今月は新規のご依頼がとても多くてなかなかブログの更新ができませんでした。少し時間の余裕が出来たので久しぶりに更新です。
\_((''ヽ(・ω・`)カタカタカタカタ…
KIMG5432
さて本日のお題はこちらのレスポールです。

KIMG5436
オービル・バイ・ギブソン(通称バイギブ)のレスポールです!アラフォー世代はいろいろ思い出が甦ってくるギターではないでしょうか。
(*´艸`) ナツカシイ…

ギブソン公認ブランドとあって90年代にはとても人気がありました。結構な数が売れたようで今でも修理、調整で持ち込まれる事が多いギターです。

KIMG5434
ご依頼はフレットのすり合わせとポジションマークの再生です。ご覧のようにほとんどのポジションマークが剥がれて無くなっています。

KIMG5435
オービルに限りませんがレスポールのポジションマークが浮いたり剥がれたりというトラブルは特に珍しい事ではありません。レスポールあるあるです。

今回のケースではたまたま使われた接着剤との相性があまり良くなかったのかも知れません。(おそらくフィラーを混ぜて黒くしたエポキシで、接着剤と隙間を埋めるパテを兼ねている)

KIMG5445
9、12、21Fの3つしか残っていなかったので今回は色味を揃える為すべて貼り替えます。
地道に底面に残った接着剤を除去していきます。

KIMG5447
新しいポジションマーク(ギターワークスさんで売ってます)を入れますが完全な同一規格という訳ではありませんので綺麗に納まるように微調整します。

特にこの端っこの尖った部分はノミが入れにくいので毎度苦労するところです。

KIMG5448
ひとまずすべてのポジションマークが入りました。次は高さ(厚み)の調整です。

KIMG5449
指板のRと同じRの付いたサンディングブロックの上で研磨します。

KIMG5450
左が研磨後、右が研磨前です。厚みの違いがお分かりでしょうか。

以前はこの分厚いまま接着して、その後に研磨していましたが作業性が劣悪なので(フレットが前後にあるから)最近は接着前にあらかた削るようにしました。削りすぎて指板面より低くなるとアウトなのでちょっと手前で止めておきます。

KIMG5451
ハイポジションは指で持てないので当て木に貼って削ります。

KIMG5456
あとは瞬間接着剤でくっつけてこのあと隙間のパテ埋めです。(続く)


littlestone5014 at 18:56|PermalinkComments(0)